断食ダイエット

断食の定義

断食の流儀

断食には、食事の量を減らし少量を食べる半断食、水だけを飲む断食、食事をある期間抜く断食などあります。
酵素をとりながら断食をすることで、ダイエットの効果をあげていく酵素ダイエットという断食もあります。
期間も、半日断食といって、一日のある一定時間帯に食事をしないという断食もあります。

 

半日断食

半日断食は18時間以上食べないことが基本となります。
前日の夕食から、翌日の昼食まで18時間以上の間隔をあければいいのです。
「忙しくてよくあるよ!」なんていう人は、忙しくて、体が疲れているにもかかわらず、以外に体調を壊さないのは、このプチ断食、半日断食が聞いていいるのかもしれません。
例を挙げると、前日の夕食が午後8時に終わったら翌日の昼食は昼2時以降にとります。

 

本断食

断食は、3日以上の断食を行なうことを言います。「3日以上間隔をあけ断食するなんて、体調がもっと悪くなるのでは・・?」
そう考えるのが普通ですよね。普通は、体調が悪いときは、しっかりと栄養を取って、ゆっくり体を休めるということですが、よく考えると、日ごろからしっかりといいもの、カロリーが高いものを食べていますから、いまさらということもあります。

 

現代人は逆に、食事を抜いて、飽食、過食からの脱出が必要なんですね。
でもやっぱり、本断食は、体を厳しい状態におきますので、指導者がいる施設でないと安全に行なってください。
家庭で行なう場合、半日断食や一日断食にしましょう。

 

酵素粒を加えると、加えなかったグループと比べ2日で2キロ以上の差が

 

 

断食の定義

 

短期間で痩せたい人は、ベジーデル、ベジーデル粒を併用してください。

 

商品の詳細やセットで値引き情報はこちら

 

体内バランスを整え、凸もスッキリ!内臓の機能を高め、美しく!

 

 

ベジーデル酵素粒

ホーム RSS購読 サイトマップ